So-net無料ブログ作成

確定申告の医療費控除で領収書の提出・保管が不要に [病気・病院のこと]

ダウンロード (1).jpg
2017年の分からなので2018年に確定申告するときから領収書の提出·保管が不要になるそうですね。

①紙で確定申告の場合
→「医療費のお知らせ」+その他の明細(交通費など)を提出
②e-Taxの場合
→「マイナポータル」で保険組合からの医療費データをダウンロードして提出+その他は入力

※医療費のお知らせに記載があるものは保管も不要。記載がないもの(保険適用外だけど医療費控除の対象になるものなど)は今までどおり5年保存。


知らなかったぁ。いつのまにか便利なように改正されていっている。
我が家はとにかく領収書が多くて、まずは領収書の整理から。その後何日かにわけてエクセルに打ち込んで、打ち込んだものを印刷してと、とにかくエネルギーのいる作業でした。
しかもだいたい何枚かは無くなってるんですよね。薬局の領収書だけあって、病院の方が無かったり。提出したあとに見つかったりとか。

我が家は確定申告はe-Taxではなく、紙で提出派。
その理由がまさに領収書の保管がめんどうだったから。
普通の家庭で医療費の領収書を5年も保管しとくのは邪魔でしょうがないので税務署さんにあげるっという感じです。

セルフメディケーション?にも適用されるようですが、とりあえずそちらはしばらく関係無さそうなので気が向いたら勉強してみようと思います。医療費控除と併用してくれればいいんですけどね。

さて、実際の手続きでは、紙で確定申告する場合は、領収書のかわりに保険組合から届く「医療費のお知らせ」を提出すればいいとのこと。
今まではただ単にどれぐらい病院にかかったかをチェックするために使っていましたが、今回の改正にあわせて書式もかわるそうな。これで領収書を無くすことも保管することもなくなります。
ただ毎年2月くらい送られてくるようですが、年末過ぎてお知らせに反映されていないものや、保険適用外だけど医療費控除の対象になるものなんかは、領収書を今までどおり添付して提出しなければいけないようです。

また、交通費は医療費のお知らせには乗りませんので、その分はまたエクセルで作ったものを印刷して提出しなければいけないですね。

e-Taxで確定申告する場合は「マイナポータル」を通じて健康保険組合から取得した医療費データをそのまま提出すればいいとのこと。マイナンバーもこうやって今後は色々と普及していくんですね。

あ、そもそもマイナンバーカードを作ってないからまずはそちらから始めないと。
マイナンバー関係は色々と遅れることが多いので次回の確定申告に間に合えばいいですけどね。
便利になるので頑張ってほしいです。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。