So-net無料ブログ作成
検索選択

サラリーマンが社会保険料を減らすためには、3月4月5月には残業しない [お金のこと]

ダウンロード.jpg

というのも3月~5月の働いた成果である4月~6月の給料+手当でその後一年間の社会保険料が決まってしまうからです。

(4月+5月+6月)÷3=標準報酬月額です。

社会保険料である年金と健康保険の保険料はこの標準報酬月額に保険料率をかけて決められてしまいます。

標準報酬月額には残業手当はもちろん、通勤手当や扶養手当、住宅手当なども含まれます。

税金の計算上は交通費は含まれませんがこの標準報酬月額には含まれます。なので遠方から通う方はより多くの保険料を納めることになります。

あんまり気にしなくてもよいとは思いますが支払い基礎日数が17日以上の月を対象に計算します。この支払い基礎日数には有休休暇を含みます。なので無休の日が多くなった月は算定対象の月に含まれませんので、標準報酬月額が固定給以下になることはありません。


社会保険料を減らすために大きいのは残業代を抑えることです。残業する場合は2月までの残業で3月4月の準備にエネルギーを使い、どうしても残業しなければいけないようなことで後回しにできるものは6月まで溜め込んでやります。自分一人で働いているんじゃないので、限界はありますが、それでも意識して働いております。 

年金の保険料は多めに払うことになっても将来もらう額が増えるらしいので、ひとそれぞれの考え方によるかなぁと思いますが、医療保険の方はなるべく安い方がいいじゃないですか。高めの保険料払ったからって自己負担の割合が変わるわけでもないですしね。助け合いの制度なので、誰かの医療費になってるとは思いますが…。

個人的には半年分の交通費も4月に支給されてその分も入っているのが嫌だなぁとは思っています。

また、職場の異動があって、3月4月がもろに繁忙期だなんてことにもこれからなることがあるかもしれませんが毎年その時期に残業が発生するようであれば、保険者決定という制度があって、一年間の平均で標準報酬月額を計算してくれる制度があります。一年中忙しいときには意味がないですが年度末や年度始めが特に忙しいというときは人事の担当に相談しようと思います。

随時改定という制度もありますが、こちらは残業代などではなく、昇進·降格などで固定給が変わったときに標準報酬額を変えられる制度です。

ボーナスはボーナスでその都度、標準賞与額というものがだされて、それに保険料率をかけます。こちらは特に気にすることはないのでもらえるだけもらいましょう。


スポンサードリンク






人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ふるさと納税の返礼品おまけ 頼んでみてのお楽しみ [お金のこと]

40021_1024_722.jpg
ふるさと納税をしていると返礼品として載っているもの以外におまけがついてくることがたまにあります。

今もあるかどうかは自治体によりますがどうなんでしょう。

長野県阿南町は1万円の寄付でお米20㎏を最初に始めたところ(たぶん)で当時から米のコスパの良さに目をつけていた僕の一番最初の納税先です。
次の年に阿南町から手紙が届きました。
その内容は
「今年も寄付してくれたら味噌つけちゃうよ」
というものでした。

しかし、当時は1万円で20㎏の米がもらえるのは阿南町ぐらいなのと、ちょうどメディアに取り上げられたこともありその年のふるさと納税の受付は早々に締め切られてしまいました。

まぁしょうがないし、味噌も自分で買うようなこともないぐらい必要だとは思ってないし、他を探すか。

しかし、後日またしても阿南町から手紙が。
その内容は
「また寄付してねって頼んでたのに早々に受付締め切っちゃってすいません」という内容と、
続けて納税していればもらえたはずの味噌も届きました。

もともとリピーターを作ろうと複数年計画だったのが、予想以上に阿南町が注目されて一見さんが増えたため、用意していた味噌の行き場がなくなったのでしょう。

別の北海道の自治体では、返礼品が届いた数ヶ月後に手紙が。
こちらの内容は
「抽選で旅行か食事に招待しますよ」
という内容でした。
旅行先なら納税をした自治体に招待。
食事なら都内で納税先の自治体の特産品を使った料理を出すレストランに招待。
というような内容でした。
外れましたけどね…

年賀状が届いたところもありました。

自治体の多様性と色んな工夫もあって個人的には楽しんでおりました。

市長や村長からの手紙もだいたい入ってますよね。
これも人によって内容が違うのでほうっと思うことと
偉いさんから手紙がきたという高揚感で密かにうれしいです。

色々と返礼品競争などと言われて今後はどうなるかわからないけれど、制度があるうちは応援&活用させてもらいます。

スポンサードリンク






人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

徒然なるままに所得税と住民税 税の割引券を使おう [お金のこと]

money_nouzei_man_sad.png家計の改善のためには収入を増やして、支出を減らさなければいけないです。

そのうちの支出を減らすことについて。
給与から引かれるものはいろいろあるけれど
所得税や住民税はうちの場合は年間で合わせて20万円以上払っている。

税金の知識がなにもないうちは、決められたものだから特にどうすることもできないと思ってたし、
給与天引だからそもそも意識をしていなかったです。
今日は自分の理解を残しておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
所得税と住民税で2種類の税金が引き落とされている
なんてことも知らなかった。これってどっちかに一本化できないのかね。市区町村に徴収させて、国の税金分は後からわけてもらうとか、もっと手間暇少ない方法がありそうだけど…。ダメなんだろうか。
税金というかお金のことって学校でも教えてくれないし。でも学校で習うときは自分の小遣いから税金引かれてる訳でもないしたぶんあんまり話を聞かずにいただろなぁ。

所得税は国に払う税金
自分で申告したぶんの税金を払う。
サラリーマンなので給与の担当が代わりにやってくれているんでしょう。
サラリーマンは2017年の税金を2017年中に払っちゃう。
払う方法は、毎年納める金額を金額が確定する前から概算で毎月徴収して、年末調整(年末にその年の所得税の税金額が確定するから12月の給与で調整)する。
なんか多めに徴収しているからとりっぱぐれはなかなかないんだろうけど、人のお金を一年も勝手に持っていって利子もつけないんだから。誰か怒ってくれないのかな。

住民税は市区町村に払う税金
これは一年間の給与が決まったら、その額に税率をかけて
住民税額が役所に決められる。これを賦課(税金を割り当てて負担させること)方式という。
2017年の税金を2018年に払う。
でも給与からの天引きは6月~来年5月にかけて引かれるから、余計によくわからないんだよね。
退職したあとに請求がきてよく話題になるのはこちら。
残業とかしまくっていっぱい儲けたら使いたくなるけど、忘れた頃に住民税が引かれるから我慢がまん。

窓口で紙で払うのが普通徴収、それと対比させて給与からの天引きを特別徴収と呼ぶそうな。でもサラリーマンの原則は特別徴収だそう。

会社に内緒で副業してる人なんかは税額でばれちゃうから、自分で払いたいひともいるようだけど、役所に電話して相談すると普通徴収にしてくれるとこもあるみたい。普通徴収ならnanacoで払えばポイントもたまるし~って方もいるので税金の支払い方法も奥が深いです。


さて、一人暮らしのうちは特に意識をしていなかった税金ですが、家族ができてお金を何とかせねばと思いました。
調べ始めると少ない給与から何十万もとりやがってということでなんとか税金を少なくしようと考えました。

税金の決まる仕組みの理解としては

もらった給与の総額-交通費などの必要経費
=所得
所得-所得を減額できるもの
=課税所得(これがベースになって税金を計算)
課税所得×税率
=納める税金
納める税金-税額を減額できるもの
=こっちがホントに納める税金

なので支払う税金を少なくするには3つ方法があります。
所得から減額できるもの(所得控除)を増やす
税額から減額できるもの(税額控除)を増やす
給与を減らす 

所得控除
これには14種類あるけれど、我が家で関係があるものは
基礎控除
配偶者控除
医療費控除
社会保険料控除
です。

ここからさらに控除額を増やそうと今年は以下も検討中。
生命保険料控除
減額の上限があるのでその分まで。必要以上には入りません
小規模企業共済等掛金控除
イデコがそうですね。加入済み。
寄付金控除
ふるさと納税。去年は計算を間違って1万円も余らせちゃったから、今年はちゃんと計算します。

雑損控除
盗難や火災にあったとき。なるべく使わないですめばいいけど。

税額控除では、
住宅ローン控除は検討中。
でも家は東京都は高いです。しばらく買いそうにありません(泣
外国税額控除は米国投資を始めようとしているので、
勉強中。NISAで買おうとしているので使えないことの方が多そうですが。

給与を減らす
今は給与が増えることを望んでいますが、将来的には
給与収入を150万~200万にしたい。減らした分は配当金を多くもらえるようになって生活できたらなあということです。
住民税が非課税になれば国保の保険料減額や高額療養費負担額の軽減や臨時給付金などなど恩恵もあるので
悪いことでもないんです。

税金関係の気になることは国税庁のサイトを見るようにしています。
最初は偏見ありましたけど意外と分かりやすく書いてるとこもあるし、なにより税金のおおもとですからね。
国税庁の言ってることが正しいんだ!という感じです。

スポンサードリンク






人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚